お尻の黒ずみの原因

お尻の黒ずみの原因は大きく分けて4つある

お尻の黒ずみ、一刻も早く消したい部分ですよね?
でも、お尻に黒ずみが出来る原因を知らなければ、折角治療できても、
また黒ずみが出てくる事があるかも知れません。
そこで、お尻に黒ずみが出来る原因を知っておく必要があります。

 

 

お尻の黒ずみ原因1 摩擦によるもの

 

人間の肌は外からの刺激を受けると、それを防御する為に、
色素成分であるメラニンを大量に生産して肌を黒くします。
どうして?というと、紫外線から肌を守るのと同じ原理なのです。
皮膚を黒くすると紫外線は吸収しにくくなりますからね。

 

従って、キツイ下着を付けていたり、お風呂で皮膚を過剰に
ゴシゴシ擦ったりすると、お尻の黒ずみの原因になります。

 

 

お尻黒ずみの原因2 肌の乾燥

 

肌が乾燥してしまうと、皮膚は外からの刺激を受けとめる水分を補う為に角質を厚くして対抗しようとします。
乾燥肌は、この皮膚の角質が厚くなりガサガサした状態を意味しています。
こうして角質が厚くなると、透明感のある皮膚は曇りガラスのようにくすんで黒ずんでみえます。

 

肌の乾燥は、このようにお尻の黒ずみの原因になりますので保湿クリームなどで絶えず、
肌の乾燥を防ぐような手立てを取らないといけません。

 

 

お尻の黒ずみの原因3 かぶれや炎症

 

 

皮膚が、かぶれや炎症を起すと、その部分に色素の沈着が起こるケースがあります。
ニキビ跡がポツポツ黒くなるのは、その色素沈着の痕なのです。
この場合には、炎症やかぶれの原因になるものを特定して使用を止めるなどの措置が大事です。
また、炎症部分を掻いたりすると、状態が悪化したりするので不用意に掻かないように、
手袋などをつけて過ごす事が必要になるかも知れません。

 

 

お尻の黒ずみの原因4 ホルモンバランスの変化

 

妊娠や出産、生理不順などのホルモンバランスの変化によって、お尻の黒ずみが出る事もあります。
これは、出産後にホルモンバランスが戻れば自然に治癒してゆくので心配はいらないでしょう。
生理不順によるお尻の黒ずみの場合には、基礎体温を計るなどし、異常だと感じたら婦人科を受診しましょう。