臀部の黒ずみ

臀部の黒ずみはどうして起きる?

臀部の嫌な黒ずみは、どうして起きるのでしょうか?
臀部だけに限らず、ヒザやひじなどが黒ずみやすいのは何故なんでしょう?
そのメカニズムについて、調べてみました。

 

 

臀部の黒ずみがある人には思い当たる4つの条件

 

臀部に黒ずみがある人は、以下の事に思い当たる節はありませんか?

 

  • 自転車に乗るようになってから黒ずみが出てきた。
  • デスクワークで長時間椅子に座る生活を送っている
  • 正座や体操座りをする機会が多い
  • 痩せすぎていてお尻に肉が無く、硬い所に座ると骨が痛い

 

 

 

臀部の黒ずみの原因は地面との接地面の血行不良

 

臀部の黒ずみは、摩擦や衝撃以外にも、床などの接地面とお尻との
血行不良によって引き起こされるケースがかなりあります。

 

血行不良に長時間さらされたお尻は、血流にあわせてリンパの流れも悪化し
予防線として体は皮膚を守る為にメラニン色素をどんどん生産していきます。

 

体にとっては紫外線のダメージも長時間座る事で生じるダメージも
同じとして受け取るようで、メラニン色素を造って皮膚を黒くして、
紫外線が肌に吸収されるのを防ごうとするのです。

 

その結果、お尻は、代謝が落ちて皮膚がガサガサして硬くなり、
おまけに黒ずみになってしまうという事になります。

 

 

この状態を放置しておくとさらに悪い状態に

 

 

臀部の黒ずみを放置しておくと、肌からは潤いが失われ、
ターンオーバーという皮膚の生まれ変わりが出来なくなります。
本来なら、肌は28日〜56日で深い所にある皮膚が表面に上がり
古い皮膚は剥がれおちていくのですが、
臀部を圧迫して血流が悪い状態が続くとそれも出来なくなり、
象の皮膚のようにガザガサした皮膚になります。

 

さらにそのような肌は乾燥し潤いもキープできないので、
保湿の為に自ら脂を出すようになり乾燥オイリー肌という
より処置が難しい皮膚の状態に進んで行ってしまうのです。

 

したがって、臀部の黒ずみを放置しておいてはいけません。
状況が悪くなる前に早期のスキンケアをしましょう。