お尻の黒ずみを予防

お尻の黒ずみを予防するベストな方法は?

人に見られたくないし、誰にも知られたくない、お尻の黒ずみ、
でも、出来てしまった黒ずみを治すには一体、どうすればいいのか?
そのような場合に重視しないといけないのが、実は保湿なのです。

 

 

保湿がお尻の黒ずみを予防する理由

 

お尻の黒ずみを引き起こす最大の原因は、ニキビと過度な刺激です。
この二つは全く無関係なように見えますが実は、繋がっていて、それは、
肌の内部の水分量の低下によって引き起こされる事が多いのです。

 

 

肌の水分量の低下がどうしてお尻の黒ずみに繋がるのか?

 

私達の肌が瑞々しいのは、肌の細胞と細胞が水分を間に挟んで繋がっているからです。
この水分が多い層を角質層と言いますが、何らかの理由で、この水分が失われると
肌の間に水分が抜けた分だけ隙間が生じてきます。

 

この隙間に雑菌が侵入したり、外からの刺激が当ると、肌はダメージを受けやすくなります。
もちろん、肌もこのままにしておくという事はなく、肌の隙間を埋めようとして、
油分を分泌してみたり、角質を増産してみたりしてガードを固めようとします。

 

さらに、肌は、メラニン色素を増産して、肌を黒くして刺激を防ごうとします。
実際には紫外線は関係ないのですが、肌への刺激が何であるかを肌は判断できません。
このようにして、油分と確執が多くなると、毛穴のつまりが多く発生するようになり、
その部分が炎症を起してニキビやぶつぶつが発生していきます。

 

また、角質が剥がれるのも遅くなるので、メラニン色素が表皮に上がってこないで
沈着しやすくなり、お尻の黒ずみになって現れるのです。

 

 

■お尻の黒ずみには、保湿が必要になる

 

以上のように、お尻の黒ずみの大きな原因は、過度な刺激とニキビだという事が分かります。
潤いが消えると乾燥し、乾燥すると刺激への皮膚の過剰反応が起き
角質と油分が分泌されて肌環境が悪化し、ニキビが発生するという悪循環が起きます。
ですから、肌環境を正常に戻すには、まず、潤いが大切という事になるのです。