座りだこはお尻のどこに出来やすい?

「お尻の黒ずみ」や「座りだこ」はお尻のどこに出来やすいのか?

お尻の黒ずみや座りだこは、人により出来る場所が決まっている場合が多いです。

 

出来やすい箇所は、

 

  • お尻と地面(椅子)との接地面
  • お尻の割れ目の湿気がこもりやすい部分
  • お尻の尻たぶの所
  • 足との境目の所

 

本当に様々な箇所に出来ます。
お尻の座りだこや黒ずみが出来る箇所は様々ですが、出来やすい人には特徴があります。

 

お尻黒ずみ、座りだこが出来やすい人の特徴

 

お尻の座りだこは、痩せていてお尻の肉が薄い人に特に出来やすいです。

 

この、座りだこが出てくる場所というのはお尻の付け根の尾てい骨がある部分です。
痩せている人は、この尾てい骨が見える程にお尻の肉が薄いので、この部分が地面と尾てい骨の板挟みになって摩擦が起きて、黒ずみ、そして座りだこになります。

 

まれに尾てい骨の数が多い為に、尾てい骨と地面が接地してしまい座りだこになる人もいます。

 

お尻黒ずみ、座りだこの解消方法!衝撃を減らすのが1番

 

座りだこの解消方法としても、特別な方法があるわけではなく、地面との接地面とお尻の間の摩擦が軽減されるような対処法が重要になります。
一番簡単なのは、床にそのまま座らず、クッションや座布団を必ず置いて尾てい骨の周辺をガードする事です。

 

座り心地が硬い椅子は、座りだこの原因になるので避けて、クッションを置いてカバーするか、椅子そのものを変えてしまうというのが座りだこへの有効な対処方法になります。

 

お尻に筋肉をつけることも座りだこの治し方の一つ

 

お尻が痩せている人というのは、下半身の筋肉がない人が多いです。

 

ただ、肉が無いだけではなくて、筋肉がないので尾てい骨が表に出てきてしまうという事ですね。
そんな痩せ形ではボディにメリハリもないですから、座りだこ解消には下半身のエクササイズも有効です。

 

ただそれなら体重を増やせばいいの?と思われるかもしれませんが、体重を増やしてもお尻は大きく膨らみます。しかしそれだけでは垂れてしまい、今度は太股と足の付け根に汗疹などが出来やすくなってしまいます。

 

一定の筋肉をつけながら、体重を増やす事で痩せてしまった魅力のないお尻から、お尻の肉がキュッと上がった、大きいカッコイイお尻を目指す事で、尾てい骨は見えなくなり、座りだこは解消されます。