お尻の凹み

お尻の黒ずみ、凹み、凹みには二種類ある

お尻の凹み画像

 

お尻の黒ずみと同様に、出来てしまうと気になってしまうのがお尻の凹みです。
お尻に凹みが出来る原因は、主に「長時間同じ姿勢で椅子に座り続ける」「下着による締め付け」があると出来てしまいます。

 

お尻の凹みには2種類あります。
それが右側の写真です。

 

適当なお尻の凹んだ写真が無かったので見づらいかも知れませんが、赤い丸と黄色丸が凹みです。

 

  • 黄色丸の凹みをビーナスのえくぼ
  • 赤丸の凹みを下殿筋線

 

とよびます。

 

お尻の凹みに黒ずみが出来るのは赤い部分になります。

 

お尻の黒ずみ凹み。凹みはどうして起きるのか?

 

 

お尻が凹んでいるという症状は長時間、同じ姿勢で座っている事が多い人に出来やすいです。
もうすこし絞り込むと、バスやタクシーの運転手やデスクワークの人に多いです。

 

特に、やせ形でお尻の肉が少ない人がなりやすく、圧迫を受けた部分だけが、ボコッと凹んでしまいます。

 

お尻の2種類の凹みについての説明

 

お尻の凹みには、実は二種類あります、一つはお尻と腰の境界線の部分が凹んでいるケース(黄色丸の部分)。
これは、ビーナスのエクボとも言われ、背筋が発達して股関節のトレーニングがしっかり出来ている人に多いと言われているいい凹みです。

 

しかし、それ以外の凹みは、お尻のダメージによるもので、出来るのは良い事ではありません。

 

お尻の凹みを治す方法は?

 

お尻の凹みを治す方法として有効なのは、矯正下着やガードルを使って凹みの周辺を圧迫して盛りあがらせるというやりかたです。
ここでいうお尻の凹みは赤い丸部分のお尻と太ももとの境界線上にできるもののことをいいます。

 

「そんなビニールシートの間に入った空気を抜くような方法が上手くいくの?」
と思うかもしれませんが、人間の肉は思っているより変幻自在に動くものです。

 

実際に、脇や背中のお肉を胸に引っ張ってきてバストアップするという方法もあるので
お尻の凹みを治すのにも矯正下着は効果的なのです。またお尻の凹みは骨盤の位置とも深い関係がありますので、骨盤矯正の効果もある矯正下着はおすすめです。

 

もう一つ、お尻の凹みを治す方法があります、それは「お尻マッサージ」です。
お尻の凹みを背中に向けて、指で少しずつ移動しながら押していくと、ここというピーンと響くツボに突きあたります。

 

そこを、マッサージしたり、空気を入れたバランスボールを転がしながら刺激する事で、お尻の凹みに圧力を入れて、凹みが元通りになるのだそうです。

 

どちらにしても、今日やって、明日治るというタイプの話ではないので、気長に続けてみるのがいいでしょうね。

 

またお尻と太ももの境界が黒ずんでいる方は、TOPで紹介しているお尻黒ずみの4つの治し方を参考にして下さい。