お尻の乾燥を防ぎ黒ずみを予防

お尻の黒ずみの原因、乾燥を防ぐ方法

お尻の黒ずみの原因には、皮膚が乾燥しているという理由もあります。
摩擦や衝撃という事は意識的に回避できてもお尻の乾燥には、
中々、注意がいかないという事もあります。

 

 

要注意、冬でなくても湿度60%以下は乾燥注意

 

皮膚の乾燥は、冬場に起きると思いがちでそれは間違いではありません。
しかし、室内でも密閉されてる空間や、風通しがよくなくて埃っぽい部屋では、
湿度は下がる傾向にあるので注意が必要です。
特に、大量の本が置かれている部屋では、湿度が紙に吸収されてしまうので
湿度に敏感にならないといけません。

 

 

乾燥すると、どうしてお尻の黒ずみが発生するのか?

 

皮膚が乾燥するという事は、本来、皮膚の表面にあって、
外気から皮膚を守っている水分が失われているという事を意味しています。
水分がないならばと皮膚は角質を厚くして外からのダメージに備えます。
つまり、殻を持つ動物のような概念で皮膚を厚くしてしまうわけです。

 

ただ、それは外面からみると、ガサガサ、ザラザラの鮫肌になってしまい、
あんまり美しくありませんし、皮膚が厚くなると透明感が薄れて、
くすんで暗い色に見えます、つまり、これが黒ずみになるのです。

 

 

お尻の黒ずみを放置しておくとさらに厄介な事が発生する

 

乾燥はどうせ冬だけの事だから、夏には治るだろうとお尻の黒ずみケアを怠ると
さらに悪い事が発生する事になります。
それは、ニキビの発生で、乾燥した肌は水分の代わりに油分を分泌して、
皮膚にバリアを張ろうとするのです。

 

しかし油分は、剥がれた角質と合体しやすく、それが毛穴につまると、
炎症が発生してニキビが出来てしまいます。
お尻が黒ずんでいる上に、乾燥していて、オイリー肌でニキビとなると
これは最悪ですよね?

 

実際に、ここまで症状が合併すると治すのも大変なので、
乾燥には早めのケアが必要なのです。