お尻の黒ずみを皮膚科で治療

お尻の黒ずみは皮膚科で治療しましょう

普段、人目につかないだけに、自分だけの悩みになってしまいやすいお尻。
まさか、「私、お尻が黒いんだけど」なんて他人に相談できるわけもありませんし、
一度気になると、温泉にも海水浴にもいけなくなってしまいます。
御自身で色々、ケアしても中々良くならないという事であれば、
一度、皮膚科を受診して頂くのをオススメします。

 

 

皮膚科では、どのような治療を行うのか?

 

皮膚科では、お尻の黒ずみの状態を調べた上で最適と考えられる治療を行います。
程度によっては、内服薬や、塗り薬で終わる場合もあり、
かならずレーザー治療ではないようなのでレーザーという言葉を恐れている方は安心して下さい。
以下は、皮膚科でおこなわれる主なお尻の黒ずみ治療方法です。

 

レーザー治療

お尻の黒ずみはメラニン色素の沈着が原因なので、
レーザーでメラニン色素を破懐し黒ずみを取り除く方法です。

 

ケミカルピーリング

酸を皮膚に塗り込んで古い角質を取り除きます、新陳代謝を促して、
黒ずみや、くすみ、ザラザラを改善してキメを整える効果もあります。

 

塗り薬

主に漂白作用と、メラニンの生成を抑えるハイドロキノンという薬や、
新陳代謝を促進するトレチノイン(ビタミンA誘導体)の配合されている塗り薬が出てきます。
お尻に決まった回数、塗って行く事で、お尻の黒ずみを少しずつ解消します。

 

内服薬

ビタミンA、ビタミンE、トラネキサム酸、などの薬を内服する事で
お尻の黒ずみを取っていきます。
これらの成分は、全て、新陳代謝を活発にする効果があるので、
古い角質を取り、黒ずみを引きはがす力があるのです。

 

皮膚科でお尻黒ずみを治すメリットは

 

皮膚科でなくても、保湿を行ったり、角質ケアを行う事でお尻の黒ずみは治る可能性があります。
それでも、皮膚科をオススメする理由は、沢山のお尻黒ずみのケースを知っていて、
経験豊富なドクターがいる皮膚科であれば、最短、最速でお尻の黒ずみが治せるからです。

 

ですので、そこまで急いでいない、そこまで深刻ではないレベルであれば、
必ず皮膚科を受診しないといけないという事はありません。