お尻の黒ずみを治す方法

お尻の黒ずみを治す方法について

お風呂から上がる時、あるいは上がる前にふと見たら、お尻に黒ずみがあった、そんな時はショックですよね?

 

出来てしまったお尻の黒ずみは気にしているだけでは一向に治りません。
以下の「お尻の黒ずみを治す4つの方法」を実践して一日でも早く消してしまいましょう。

 

  1. お尻に負担をかけない
  2. きつい下着を履かない
  3. お尻をしっとりさせておく
  4. 睡眠を十分に摂る

 

この4つのお尻の黒ずみを治す方法の内で1番重要なのが3番めのしっとりとさせておくっということです。
これは、乾燥からお尻を守り、潤いをキープしておくことが重要なのです。

 

それでは4つの対策について詳しく見てみましょう。

 

お尻の黒ずみを治す方法1: お尻に負担をかけない

 

長時間のデスクワークや趣味や移動手段にサイクリングをしている人は、お尻に黒ずみが出来やすい状態にあります。

 

何故かと言えば、皮膚は外からの圧力に長い時間曝されていると、メラニン色素を大量に出して、皮膚を守ろうとするからです。

 

このメラニン色素が、長い間沈着すると、お尻は黒く見えてしまうのです。

 

このような事から、お尻に負担を掛けないようにするのが、お尻の黒ずみを治す一つの方法です。

 

お尻の黒ずみを治す方法2: きつい下着を履かない

 

お尻の黒ずみが出来やすい人はデザイン重視で体に合わない下着を履いている傾向があります。
下着がきついとお尻を締めつけるので血行が悪くなります。

 

これを「摩擦性黒皮症」といい、お尻の肌の奥が黒ずむので治りが遅いです。

 

また、きつい下着は蒸れやすく、皮膚にダメージを与えるので、新陳代謝が遅くなります、これは症状を長引かせる事に繋がります。
お尻の黒ずみを治したいなら、ご自身のお尻のサイズにあった下着を適切に選び履きましょう。

 

 

お尻の黒ずみを治す方法3: お尻をしっとりさせておく

 

お尻が乾燥すると、黒ずみは出来やすくなってしまいます。
肌の潤いは、外部からの刺激を防御するバリアになっています。

 

ですから、肌から潤いが失われると肌は、角質層を強化して、お尻の皮を堅く厚くしてしまいます。

 

これによりお尻はガサガサ、ざらざらになり、また黒ずみも起きやすくなります。

 

お尻の黒ずみを治したいなら常に保湿クリームを塗り、お尻の潤いをキープするようにしましょう。

 

お尻の黒ずみを治す方法4: 睡眠を十分に摂る

 

どんなお尻の黒ずみ対策をしても、睡眠が不足していると、肌の新陳代謝が活発に行われる事はありません。
肌は眠っている間に修復と再生が行われるのです。

 

睡眠不足をすると肌もザラザラしてしまいますが、それはお尻でも同じだという事です、まず睡眠を摂りましょう。

 

早く確実に治すならお尻の黒ずみ専用の薬を使用しよう

上の4つのお尻の黒ずみを治す方法を意識しながら生活しましょう。
それと共に、お尻の黒ずみケアが重要になります。ケアにはお尻専用の薬を毎日継続して使用することでより早く、確実に治すことができます。

 

1番使って欲しいオススメが、薬用ピーチローズという保湿美白ジェルです。
医薬部外品に認められている市販のお尻薬はピーチローズだけ。

 

他にもフェアリームーンや魅惑のおしりっというのもありますが、医薬部外品には認められていないようです。

 

ピーチローズは、お尻の黒ずみの元となる乾燥からお尻の肌を守ります。
お尻専用に開発されていますので、しっかり角質層まで水分・成分を届かすことができるのです。
顔やボディー用の化粧水では、分厚い皮膚の先、角質層まで水分や成分を届かすことが出来ないため、必ずお尻専用に作られた商品を選んで欲しいです。

 

>薬用ピーチローズの公式サイトはこちら(WEB限定)