お尻の黒ずみを治す方法

お尻の黒ずみを治す方法について

お尻の黒ずみを治す方法は、大きく分けて2つです。

 

自分で予防・ケアして治すか、病院で治療薬をもらって治すか。

 

当然ですが、この2つが治し方になります。
病院を利用すればあなたのお尻が黒ずんでいる原因も大体分かりますし、黒ずみに効果のある処方薬も出してもらえます。
皮膚科ではお尻の黒ずみをどのように治療する?

 

ただ、診察時にお尻を見られる恥ずかしさや受診の面倒くささ、そして医者があまり真剣に受け答えしてくれない。といったデメリットもあります。

 

自分で2ヶ月ケアしても良くならないお尻の黒ずみなら医者に掛かることをオススメしますが、大体の方が今から紹介する4つの黒ずみ改善の方法を日常生活に取り入れることで解決します。
4つの対策はどれも簡単に出来ることなので、そこまで負担になりません。ただ毎日続けることは必要です。

 

お風呂から上がる時、あるいは上がる前にふと見たら、お尻に黒ずみがあった、そんな時はショックですよね?
出来てしまったお尻の黒ずみは気にしているだけでは一向に治りません。
以下の「お尻の黒ずみを治す4つの方法」を実践して一日でも早く消してしまいましょう。

 

  1. お尻に負担をかけない
  2. きつい下着を履かない
  3. 睡眠を十分に摂る
  4. お尻をしっとりさせておく

 

この4つのお尻の黒ずみを治す方法の内で1番重要なのが4番目のしっとりとさせておく。ということです。
お尻の黒ずみ対策では、乾燥からお尻を守り、潤いをキープしておくことがとても重要なのです。

 

 

お尻の黒ずみを治す方法1: お尻に負担をかけない

長時間のデスクワークはお尻の黒ずみ原因

お尻に負担をかけないってどういうこと?と思われるかもしれませんが、日常生活でお尻はかなりの負担を受けています。
長時間の座り仕事や趣味や移動手段にサイクリングをしている人、長時間の運転と座っている時間が長いほどお尻に黒ずみが出来やすい高負担の状態にあります。

 

何故かと言えば、皮膚は外からの圧力に長い時間さらされていると、メラニン色素を大量に出して、皮膚を守ろうとするからです。
この大量に分泌されるメラニン色素が、長い間皮膚に沈着すると、お尻は黒く黒ずんでしまうのです。

 

このような事から、お尻に負担を掛けないようにするのが、お尻の黒ずみを治す一つの方法です。

 

お尻に負担をかけないために取り入れて欲しい事

では具体的にお尻に負担をかけないためにどうすればいいのかご紹介します。

 

クッションを使用する。

クッションは黒ずみ対策に有効

これが1番効果的です。
また1,2時間置きに立ち上がり、負担から開放させてあげることも大事な解決方法です。
トイレやストレッチなどでちょっとだけでもいいですから立ち上がって下さい。負担が和らぎますし、お尻の血行も良くなります。

 

お尻の黒ずみを治す方法2: きつい下着を履かない

 

お尻の黒ずみが出来やすい人はデザイン重視で体に合わない下着を履いている傾向があります。
下着がきついとお尻を締めつけるので血行が悪くなりますし下着の素材が擦れます。

 

これを「摩擦性黒皮症」といい、お尻の肌の奥が黒ずむので治りが遅いためとてもやっかいです。

 

また、きつい下着は蒸れやすく、皮膚にダメージを与えるので、新陳代謝が遅くなります。新陳代謝が通常よりも遅くなるとそれだけ黒ずみの症状を長引かせる事に繋がります。
お尻の黒ずみを治したいなら、ご自身のお尻のサイズにあった下着を適切に選び履きましょう。

 

お尻に優しい下着とは

お尻の黒ずみを作らないため、下着選びに気をつけて欲しいのですが、どのような下着がお尻に優しいのでしょうか。

 

答えは、「綿もしくはシルク100%の天然素材の下着」が正解です。
2つの素材は通気性や吸収性がよくムレを防ぎます。

 

また刺激も少ないためおすすめです。

 

次にサイズについてです。

 

日本の女性に特に多いのですが、小さなショーツを選んでしまう傾向が高いです。
ショーツをはくと、お尻が3分の1もはみ出ている!ということ心当たりありませんか?この場合はサイズが小さすぎます。

 

小さい下着は、黒ずみの元でもある締め付けの原因にもなりますし、お尻の垂れ下がりの原因にもなります。
良いことはありませんので、あなたのお尻にあった下着を選びましょう。

 

またゴムのきつさにも注意が必要です。ゴムがキツすぎないか買う前にチェックをしましょう。
心配な方は総レースの下着がおすすめです。

 

 

お尻の黒ずみを治す方法3: 睡眠を十分に摂る

お尻の黒ずみに効果的な睡眠とは

どんなにお尻の黒ずみ対策をしても、睡眠が不足していると、肌の新陳代謝が活発に行われる事はありません。
肌は深い眠りの間に修復と再生が行われるのです。

 

睡眠不足やしっかり熟睡できていないと肌もザラザラしてしまいますが、それはお尻でも同じだという事です。しっかり睡眠を摂りましょう。
熟睡が出来ない方は、サプリメントも有効です。10日間のお試しが出来るネムリスはしっかり寝付けるようになると有名です。

 

睡眠を十分に取るための対策

睡眠の1番のゴールデンタイムは、0時〜6時です。出来るだけこの時間を多く含めて寝たいですね。

 

また毎日同じ時間にベッドに入ることは重要です。リズムが出来てくれるとすぐに寝付けるようになりますし、深い熟睡が可能になります。
その結果ノンレム睡眠が多く取れ、新陳代謝を高めるだけでなく、成長ホルモンの分泌や、ストレスの除去といった効果が得られます。

 

これこそが、お尻の黒ずみに効果がある睡眠になります。
しっかり熟睡しましょう。他にも細かな熟睡の為の対策はありますが、他のサイトにその方法の解説はお任せします。
睡眠のことならこちらの正しい睡眠マニュアルに全部かいてあります。

 

お尻の黒ずみを治す方法4: お尻をしっとりさせる。保湿対策

 

お尻が乾燥すると、肌を感想の刺激から守るために黒ずみは作られてしまいます。
肌の潤いは、外部からの刺激を防御するバリアになっています。

 

ですから、肌から潤いが失われると肌は、角質層を強化して、お尻の皮を堅く厚くしてしまいます。

 

これによりお尻はガサガサ、ざらざらになり、また黒ずみも起きやすくなります。

 

お尻の黒ずみを治したいなら常に保湿クリームを塗り、お尻の潤いをキープするようにしましょう。

 

早く確実に治すならお尻の黒ずみ専用の保湿剤を使用しましょう

お尻の黒ずみケアでもっとも重要な保湿
保湿剤には、顔用のものではなく、お尻専用の薬を毎日継続して使用することが大事です。より早く、確実に黒ずみを治すことができます。

 

1番使って欲しいオススメが、薬用ピーチローズという保湿美白ジェルです。
医薬部外品に認められている市販のお尻薬はピーチローズだけ。

 

他にもフェアリームーンや魅惑のおしりっというのもありますが、医薬部外品には認められていないようです。

 

ピーチローズは、お尻の黒ずみの元となる乾燥からお尻の肌を守ります。その保湿効果は、12時間以上とデータが出ています。
お尻専用に開発されていますので、分厚いお尻の皮膚でもしっかり角質層まで水分と成分を届けることができます。
顔やボディー用の化粧水では、分厚い皮膚の先、角質層まで水分や成分を届かすことが出来ないため、お尻専用に作られた商品を選んで欲しいのです。

 

>薬用ピーチローズの公式サイトはこちら(WEB限定割り引きキャンペーン)